【ウルフルズ】ギターのケイスケが活動休止!

  • 2018年2月19日
  • 2018年5月19日
  • バンド
  • 180view
Pocket

ウルフルズ

ウルフルズといえばボーカルのトータス松本が率いる大阪発のポップロックバンドであーる!

有名どころな曲をあげると

・『ガッツだぜ!!』

・『バンザイ~好きでよかった~』

・『明日があるさ』

・『ええねん』

・『バカサバイバー』

等がある。紅白歌合戦出場やCM起用など、輝かしい活躍を見せてくれているバンドです。

個人的には『ええねん』が一番好き!(^^)!

2017年で結成25周年を迎えた彼らになにがあったのか!!

ウルフルケイスケ(G)がウルフルズでの活動を休止することが発表された。

活動休止の理由はウルフルケイスケがソロ活動に専念するため。ウルフルズメンバーとスタッフで話し合いを重ねた結果、本人の意志を尊重し今回の発表に至った。

昨年デビュー25周年を迎えたウルフルズ。バンドはウルフルケイスケの活動休止中も新たな音楽を届けるべく3人で活動していく。

参照 ナタリー

活動休止なので戻ってくること可能性があるのが救いですね(;^_^A

いろいろ調べているとメンバー内での確執や金銭問題だとかありましたが、予想の範囲を超えないくだらないものばかりでした。

ですが2009年にもウルフルケイスケは活動休止をして、2014年に復活していました!

本当になんらかの理由で不仲ならもう脱退してるような気もしますね(;^_^A

アマチュア時代はトータス松本よりウルフルケイスケの方が天才扱いされていたらしいので、トータス松本がソロでも活躍しているのに負けたくないという気持ちもあるのかもしれませんね。

心配ですがファンは信じて待つしかないんだよなぁ~( ノД`)シクシク…

okaki

 

最新情報をチェックしよう!