岡崎体育のファンクラブ騒動にAAA日高が物申す!

  • 2018年2月23日
  • 2018年5月19日
  • 芸能
  • 137view
Pocket

岡崎体育のファンクラブ問題とは??

今月頭に岡崎体育のファンクラブに新しいシステムが始動しました。

アーティストのグッズを買ったり、SNSで情報を拡散したりするとポイントがもらえて、
ポイントをいっぱい集めるとアーティストと握手したり写真撮ったりできる】

ポイント上位のファンはランキングで公開される

といった内容のシステムを発表したのですが、これが炎上。。。

・ファンに優劣をつけるな。

・金を持ってない子供のファンは置き去りか?

といった批判が相次ぎました。

その後岡崎体育はtwitterで、『高い熱量を持って応援してくれてる人への恩返しです』『ただでさえ優劣の象徴であるファンクラブを、細分化しただけでこんな叩かれると思わんかったな』

と発信しています。その後、改善案として

【ランク】の表示排除、会員特典の見直し、グッズを買ったりする差別は最小限にし、情報拡散のお礼を手厚くする。といった内容でひとまず終えました。

日高光啓が物申す!

AAA(トリプルエー)のラップ担当で【SKY-HI】としてソロでも活躍する日高が、今回の岡崎体育のファンクラブ問題についてブログで意見を述べました!

「岡崎体育氏の件を見てて言わなきゃと思ったお金の話」のタイトルでブログを更新。「音楽に限らず、全ての活動、そしてほぼ全ての人間としての行動にお金がかかるということ忘れられてないかな。『お金を払う人が良いファンで、払わない人が良くないファン』なのかどうかみたいな話が出る時点で、『お金』そのものに対しての考え方がなんかおかしくないかな」

海外ではCDセールスや音源配信以外の収入源を作っているミュージシャンが多いが、「一方の日本はと言うと、未だにCDの売り上げが占める割合がかなりデカい」。CD不況で苦しむアーティストたちにとって「音楽以外の形で収入源を探すことは、自分の生活の為以上に、まず『音楽を作る』為に必要なことなんですね」としたが、日本ではそうした仕組みがほぼ無いのが現状だという。「自分の活動からお金を産んで、ずっと音楽を作ってファンを喜ばせていく、という、そもそものミュージシャンの行動原理としてめっちゃ正しい!」「岡崎体育氏だって別に拝金主義でそうしたんじゃないじゃんこれ!と思うわけです」「ファンの気持ち、応援する『気持ち』に貴賎は無いし、たくさんお金を使ってる人がエライ、とかそういう事ではなく、ただ事実として、中世のヨーロッパではお金持ちがパトロンとして直接支払うお金がアーティストの活動を支えていた様に、CD買ったりグッズ買ったりしてたくさんお金を払ってくれた人は、それだけ『活動が続く様にサポート』してくれているのだから、そこに『ありがとうございます』と、手厚くお礼をしたい、という事でしょうきっと」「『好きなミュージシャンを応援していて、欲しいCDやグッズを買ったら、ついでに嬉しいサービスまで付いてきた』という、物凄くファン想いな行動に思えるのだけれどなぁ」

参照 Livedoorニュース

まとめ

ふむふむ!!!いや、ここまで言える日高さんかっこいい!!

実は筆者も少し音楽業界について結構勉強した時期がありまして、今回の岡崎体育のファンクラブの制度は取り入れていくべきだと思います。

日本で初の試みなので、こうやって批判もされましたが、しっかり説明すれば良かったでけじゃないのかな?と思います。

日高さんのコメントなんて最高だと思います。

改善案も私的には少し残念です。音楽を製作し、MVを製作し、様々な打ち合わせレコーディングからマスタリング、デザインとまだまだやることが多いんです。時間もお金もかなりかかります。

それをネットで無料で聴いたりされたらたまったもんじゃないんですよ。

CDが売れないなら他で収入減を作るのなんて当たり前ですからね。

まぁライブのスポンサーだったり、youtubeの広告売上等、他の収入もありますが、それこそ10年前ぐらいにCDが売れたらいいですけどね。

ファンだからこそもっとそのアーティストのやろうとしていることを断片的にではなく広い目でしっかり見極めるのって大事だと思います!

okaki

 

 

 

最新情報をチェックしよう!