伊調馨パワハラ告発の裏側

Pocket

最近ニュースで多く取り上げられている、伊調馨と栄和人の師弟関係の対立ですが、パワハラまでの流れと告訴に至るまでの裏の力。この2点を書いていきたいと思います。

メインとなる登場人物

伊調馨

1984年生まれの33歳。

至学館大学卒業。

日本女子レスリング選手。オリンピック4連続金メダリスト。

国民栄誉賞受賞。

別階級の伊調千春とは姉妹。

栄和人

1960年生まれ。

日本の元レスリング選手。

現在は至学館大学レスリング部監督兼全日本レスリングヘッドコーチ。

至学館大学レスリング部の教え子に、伊調千春・小原日登美・登坂絵莉・吉田沙保里・伊調馨・川井利紗子・土性沙羅などの多くのオリンピックメダリストを送り出す経歴を持つ。

 

栄和人のパワハラ

栄和人のパワハラ問題ですが、実は2年ほど前から協会や内閣府に被害が訴えられていました。

暴力や暴言というのは当たり前のように行われていたようです。

体育会系ですから多少の暴力や暴言はあるんだろうなぁ。。という印象を持っていますが、どのくらいのレベルなのかはわかりません。

伊調馨は男子代表の合宿に参加したり、北京オリンピックまで栄和人の指導を受けていましたが、北京オリンピック以降田南部力というコーチの元で指導を受けるようになりました。

自分から離れていった教え子の行動を良く思わない栄和人が圧力をかけ、男子代表合宿への参加禁止、練習拠点の警視庁レスリングクラブへの出入り禁止。田南部力コーチへは、『伊調のコーチをするな』と言いいました。従わなかった田南部力コーチは、代表コーチ、協会理事、警視庁レスリングクラブコーチを外されてしまいました。

栄和人の指導する選手にはあきらかなひいきがあったことでも知られています。

自信のいう事に素直に聞く選手。なおかつ結果を出す選手にはマンツーマンで徹底的に指導し、他の選手には冷たく暴言を吐いたのちに『帰れ!』と一喝していたようです。

現在も伊調馨は栄和人の圧力に悩まされ、練習場所に行けば周りに迷惑がかかる、練習場所が無い。と1年以上試合ができていないようです。

伊調馨と栄和人の関係

当時レスリング会ではスーパー中学生として有名だった伊調馨をスカウトしたのが栄和人です。

至学館大学付属高校に入学し、栄和人の指導の元レスリングの練習に励んでいました。

クイーンズカップ優勝の後、吉田沙保里と同階級での潰し合いを避けるために階級を上げ、ジャパンクイーンズカップ優勝。

世界選手権連覇、アテネオリンピック金メダル。

北京オリンピック金メダル。

その後伊調は練習場所やコーチを変えます。

当時こんなコメントも残しています。

「たとえコーチの話でも、自分にとって必要かどうか判断して、必要でなければ聞き流したりもします。私はたぶん、コーチ陣からしたら扱いやすい選手ではないと思います。何でも自分で決めてしまうので。だから、『こいつは素直じゃないな』と思われるときもあるでしょうが、素直に聞くこともあります。ポイントは自分を納得させてくれる何かがあるかどうか」

栄和人の指導方法を嫌がったようなコメントです。

北京オリンピック後になにがあった??

北京オリンピック後、伊調馨は姉と共に引退宣言をします。

栄和人も何も知らなかった突然の発言でとても怒らせてしまったようです。

まだあやふやなまま、世界選手権を欠場した伊調馨は姉とカナダへ留学します。英語を学びながら週2回はカルガリー大学でレスリングの練習に参加しました。

そこで目にしたのが、世界で戦った選手たちが、試合とはかけ離れたところで、レスリングを楽しむ姿でした。そして、子どもたちがレスリングを愛し、無邪気に楽しむ姿に、姉妹は感動します。

帰国後、姉は高校教員になりましたが、伊調馨は引退を撤回し、練習拠点を変えました。

好きで始めたレスリングなんだから、楽しまないともったいない。いつかはカナダで見たようなレスリングをしたい

と強く考え、東京各所へ出稽古を繰り返します。

この時に男子代表合宿に参加します。

ここで伊調馨は更に衝撃を受けます。男子のコーチや選手と練習していると今まで自分がやっていた本能的なレスリングと違い説明のできる技術的なレスリングにハマっていきます。

どうタックルするか、どこに入るか、なぜ今入ったか、どう崩すか。全て理論的に説明ができるレスリングが楽しいと漏らしています。

そこで出会い、指導を受け、自らコーチとして選んだのが田南部力というわけです。

告発と黒幕

栄和人のパワハラについて告発状を提出したわけですが、

伊調馨は「告発状については一切関わっていない。」と回答しています。告発状の作成や提出は周りのレスリング関係者が提出したようです。

レスリング協会は伊調馨や田南部力から何も聞いていない状態で、「パワハラ行為は一切無い」と完全否定

協会は倫理委員会を開き、第三者による聞き取り調査をすると発表しましたが、その第三者を選ぶのも協会の倫理委員会だというのだ。公平な調査になるのかはとても疑問ですよね。

協会の福田会長は「当たっていることが何一つ書いていない。」と発言しましたが、第三者の調査前にこのような発言をするのはおかしいと各番組やスポーツジャーナリストが批判しています。

ちなみに告発状を提出したレスリング関係者のうち、2名は判明しています。

1人は田南部力。2人目は安達巧。安達巧は元オリンピック代表。協会のコーチを務めたこともあり、栄和人の、高校、大学の後輩にあたる。

安達巧は「告発状は私が実際に経験したこと、複数の関係者から話を聞いた上で弁護士に作成してもらいました。」と述べています。

かなり準備しての告発だったんだと思います。

一方で栄和人は今回の告発状についてこう回答しています。

「伊調選手とはトラブルも無いし、特別仲良く食事をすることもない」

「今になって伊調選手が本当にここまで言ったのかな?」

「誰かが事を大きくしたいんだろう。」

「誰かが私を陥れようとしている。」

と発言しています。

協会は栄和人を完全に守ろうとしていますし、栄和人も否定。

ここまでの時点で筆者はこう思いました。

おそらく本当にパワハラの事実がある。だが今まで表にはなんの問題に上がることもなく済んできた。バックにある協会の力。自身の権力と圧力。だが協会や栄和人も一筋縄ではいかない相手が現れた。「誰かが事を大きくしたいんだろう。」「誰かが私を陥れようとしている。」この発言がそう思わせてくれました。

栄和人の弱み

 

栄和人はあまり表立ってない悪い話がいくつかある。

・全日本強化合宿には栄和人が指導する至学館関係者しか参加することができない。

・有望な選手には至学館へスカウトしに行くがオリンピックに出たかったら至学館へ来ないと行けない。と発言。

・自身の自宅へ何人か女子選手を住まわせて食事、昼寝、掃除洗濯などその他のプライベートまで365日監視できるよう寮代わりにしている。(娘を預ける親の立場になると嫌ですよね。。。)

・栄和人は教え子に手を出している。

1人目 坂本涼子さん 栄和人との間に娘が1人いる。

2人目 岩間伶那さん 栄和人との間に1人娘がいる。ちなみに岩間伶那さんは栄和人の自宅寮へ住んでいました。

・練習中に選手が大けがをした際の指導者としての責任を指摘されている。(練習内容、管理の仕方に問題あり?)

・金銭トラブルに巻き込まれている。

金銭トラブル!ここで黒幕登場です!

栄和人は黒幕に弱みを握られています。

A氏とでも言っておきましょう。

A氏は芸能界の情報屋のような存在で悪いイメージもありますが、その分とても顔の広い人物だと想像できます。

仕入れた情報で恐喝する。情報をバラさない代わりにお金で買え。と取引してるんですね。

あるイベンターから栄和人をイベントに呼びたいとA氏に依頼があり、A氏はイベンターと栄和人を引き合わせました。

仲介料や栄和人の出演料の話で折り合いがついていないにも関わらず、「栄和人はノーギャラでいいよ。」とイベントに参加してしまいました。

A氏からすれば儲け話を勝手に独断で潰されたと激怒。

そこからターゲットが栄和人に代わり、『お前のスキャンダルはすべて知っている』と連絡が入り、練習中の選手の大怪我で責任が問われた際も『これは序章だぞ』と連絡を入れています。

今まで練習中に怪我が無いなんてことは無いでしょうかた、おそらくA氏がリークしたんでしょう。

A氏は伊調馨ととても親密な関係なようです。

情報屋なので、肩書は時と場合によって変わるそうですが、なにか近づきやすい肩書で近づいたのでしょうか。

ラインで栄和人の話をたくさん聞きだしているようです。

告発文にもレスリング関係者に混じってA氏が協力しています。むしろ首謀者だと言われています。

レスリング関係者には、伊調馨の従兄ということになっているようです。

まとめ

・伊調馨とA氏はお互いwin-winな関係として手を組んだ?

・伊調馨と田南部力はもしかしてできてる?(だって自分の立場がなくなるのにそこまで伊調に協力できます?田南部は既婚者なのに。。。)

・A氏が田南部力や他の関係者を巻き込んで告発した。

・おそらくレスリング会の世代交代を目的と謳って栄和人や幹部を引きずり下ろそうとしている。

どうでしょうか!?

今現在の世間の評価としてはレスリング協会や栄和人が悪という認識だと思いますが、ここからどうなっていくかは見ものですね!

ただ一刻も早く伊調馨の練習場所、最高の環境を用意してあげてほしいものです!

okaki

 

 

 

最新情報をチェックしよう!