Amazon転売には必須!!モノレートの使い方!

  • 2018年11月2日
  • 2018年11月2日
  • 副業
  • 82view
Pocket

ども!

Amazonで売れる商品を探すには、

モノレートを使いこなす必要があります。

モノレートとはなんだ!?

そう思う皆様の為に書いていきます。

 

モノレートとは?

Amazonで販売している商品について

グラフで見る事ができます。

 

・最安値推移

・出品者数

・ランキング

などなど

 

最安値を見ることで、どれくらいの価格で出品されているかを見る事が出来ます。

下の写真の商品はPM3700-C

というプリンターです。

 

しっかり動く物を仕入れれば確実に売れる商品です。

 

 

まず一番上のグラフですが

最安値の推移です。

グラフに動きがある時は売れた時と考えてよいでしょう。

 

このグラフでは今日時点で34.000円くらいで出品されています。

実際の私の経験では、10.000~15.000円で充分仕入れられる商品です。

 

例えば15.000円で仕入れます。

最安値の平均、34.000円で売れたら送料込みでも14.000円の利益です。

とても状態の良い物なら40.000円でも45.000円でも十分売れます。

実際に今の最安値は49.800円ですからね。

 

 

続いてこの真ん中のランキンググラフです。

実際に売れた時は、最安値グラフより

ランキンググラフを見た方が良いです。

なぜなら売れたらその時点で

ランキングが上がるので、どれくらい売れるのかが見やすいです。

 

このグラフだと3か月で13回は売れています。

1か月で4個くらいですね。

 

そこでこれを見てください。

 

上に、コンディション、最安値、入金、出品者数、3か月の販売数

という項目がありますね。

 

ます、3か月の販売数ですが、なぜかとても適当なので、

グラフでしっかり確認しましょう。

 

続いて、出品者数を見てください。

2と書いてますね。

2人しか出品していないですし

売値が最安値の49.800円です。

 

15.000円で仕入れて45.000円で売っても最安値です。

そうすれば送料含めても25.000円以上の利益です。

 

どうです?

ちょっとはイメージ沸いてきましたか?

 

あとは利益の出て売れる商品をひたすら見つけて

リストにする。

 

あとはリスト通りに仕入れて出品。

 

この繰り返しです。

 

今回はPM3700-Cで例を出しましたが

今現在の私の仕入れの主力の一つです。

丁度先月、競合の末17.500円で仕入れて

33.000円で売れました。

利益は10.000円くらいでしたが、1商品10.000円利益が出たらまあ良しとしましょう。

 

今は最安値も上がっていますし

出品者も少ない。

 

ジャンク以外を仕入れたら33.000円よりもうちょっと高く売れるんじゃないかな?

と思います。

 

売れなければ少し値段下げれば必ず売れると思います。

 

モノレートの使い方が分かったら、売れる商品を探してみてください!(^^)!

 

リストは。。。

 

 

今後公開していく予定です。

もちろん小出しで(笑)

 

okaki

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!