初めての心療内科

Pocket

病院へ着き、遅れてしまったことを謝罪し、

受付を済ませました。

受付の方がとても優しく、「大丈夫ですか?無理しないでくださいね?」

と優しく声をかけてくれたので、少し緊張が和らぎました。

ちなみに、今回私が来た病院は女性の先生でしたので、

待合室にいる患者さんも若めの女性の方と若めのサラリーマンが大半でした。

まず待合室で問診票の記入をしました。

内容は普段風邪で病院へ行った時に書かされるような内容ではなく、

ストレス関係や睡眠関係など、初めての内容ばかりで少し驚きました。

問診表を書き終え、待っている間はとても緊張して

心臓はバクバクしていました。

そして自分の順番が来ました。

とても優しい喋り方をする先生でした。

まずは心理検査と呼ばれるテストを2種類受けます。

その後、少し時間を置くと問診票を見ながら、いろいろ質問をされましたが

「嫌なこと、言いにくいことがあったら無理せず答えなくていいからね。」

「うんうん。うん。」

と合間合間で言ってくれるので、謎の警戒心みたいなものは無くなっていました。

あ、本当にちゃんと聞いてくれるんだ。と思いました。

職場環境の事、全然眠れないこと、集中力が続かない事、電車での出来事など

全て話しました。

話し終わった後、先生から「しんどかったね。よく頑張ったね。」

と言われ、泣きそうになるほど何かがこみ上げてきました。

そうなんです、周りに眠れない事を相談してから、どうせまともに話を聞いてくれない。

とそれから自身の体調について一切話してなかったのです。

話して、聞いてくれて、理解してくれる。

それだけでとても心が軽くなりました。

もっと早く来れば良かったと本当に思いました。

その日先生は私に診断結果はなにも伝えず、

睡眠導入剤、抗不安薬、等を処方してもらい、

お薬は一番合うお薬を一緒に見つけていきましょう。と

週1のペースで通院することになりました。

この日はこれで診察は終わり、近くの薬局で処方箋を受け取り

電車に乗るのは怖かったので、家まで歩いて帰りました。

遠かったですが、少し楽になった心と、夜眠れるかなぁ??

と期待と少しの不安で機嫌よく帰りました。

okaki

 

最新情報をチェックしよう!