マキシマムザホルモン亮君の次男が個展!?

  • 2018年2月6日
  • 2018年5月19日
  • バンド
  • 176view
Pocket

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン)の次男・KAWAKITA TEIの個展が2月16~18日に東京・mograg galleryにて開催される。

KAWAKITA TEIは2011年9月生まれの保育園児。4歳の頃から奇怪なイラストを描くようになり、保育園の先生たちを“ドン引き”させてきたという。ギャラリーではイラストの展示はもちろん、マキシマムザ亮君が行った独自の英才教育の形跡の展示、マキシマム ザ ホルモンのグッズでおなじみのマキシマムザ亮君×togshi Ryuhei(PDXS!)のコンビによる保育園児のイラストのコラージュTシャツの販売などが行われる。さらに特別企画「保育園児の描いた奇怪なラクガキをプロの作家に本気でリメイクしてもらったら…」では「GANTZ」「いぬやしき」などで知られるマンガ家・奥浩哉や、世界的なコラージュアーティストのセキンタニ・ラ・ノリヒロによるリメイク作品が展示される。

なお展示期間中、マキシマムザ亮君は“キモいTシャツ屋さん”として全日会場で物販を担当する予定。

https://natalie.mu/music/news/268280 参照

個展のフライヤーがこれです!

さすが亮君の息子さんですね!!

遺伝子びんびん伝わってきます!笑

そして亮君が物販に立つということで、

ファンの方にとってはまた嬉しいですね!

しかもグッズかっこよくない!?

欲しいなぁぁぁぁ!!!!!

亮君結婚してたんだ?

子供いたんだ??

って方も少なからずいると思いますので、書いておきますね!(^^)!

マキシマムザ亮君 本名:川北 亮

ボーカル&ギター担当

ほとんどの楽曲の作詞作曲を担い、グッズのデザイン等も手掛けています。

マキシマムザホルモンの紅一点、ドラムのナヲは実姉です。

ちなみにマキシマムザ亮君の「君」は敬称ではなく

「暴君」で使われる「君」だそうです笑

既婚者で三児の父だそうです。

次男の情報もゲットしました!

2011年9月生まれ。マキシマムザ亮君の次男。保育園児。
4歳の頃から変な絵を描き出す。
保育園のクレヨンで描く「経験画」では子供らしいタッチの絵を描くが、鉛筆やペン先の細いマジックを持つと奇怪なイラストを好んで描く。本人はクレヨンで絵を描く事に対して「さいあく」と発言している。将来の夢はおもちゃ屋さんでおもちゃを作りたい。好きなものはマリオ。

将来はおもちゃ屋さんということですが、

芸術的な方面でも将来活躍してくれそうですよね!(^^)!

okaki

 

最新情報をチェックしよう!