オーバードーズ

Pocket

オーバードーズとの出会い

薬を母親に管理されるようになり、夜睡眠薬の効きが悪く眠れない日に追加して睡眠薬を飲むことができなくなっていました。

実際すごくストレスで、それだけで母親の事が嫌いになっていました。

追加して薬を飲むのってそんなに身体に悪いのか?寝れないのがどれだけ辛いと思ってんの?と考えていました。

そこでふとネット検索していたら、オーバードーズという言葉を見つけました。

最初は【OD】と書いていて、「ODしたらやめられない」「眠れないからODしよう」「辛くなってきたからODしよう」など、ODってなんだろう?ODで辛くなくなるっぽいな。。。

調べていくと、OD=オーバードーズでした。

オーバードーズとは

薬の適量を超過した摂取。

それ以上でもそれ以下でもありません。厳密には過剰摂取で中毒になったり、病気になったりするのもオーバードーズという言葉に含まれているようですが、実際は過剰摂取という意味で使う人がほとんどだと思います。

オーバードーズではなく、オーバードースとも言うそうです。どちらが正しいかはわかりません(笑)

オーバードーズをやってみた。

母親に薬を管理され、ばれないように毎日1錠ずつ飲んだふりをして貯めることにしました。

10錠貯まった時に初のODを試みました。ODした薬はサイレースです。

サイレースは結構きつめのお薬で、私は中途覚醒をしないように、眠りを継続させるという意味合いで処方されていました。毎晩サイレースを2錠飲んでいたので、1錠ずつ貯めていました。もちろん夜追加で貯める予定のものを飲んでしまったこともあります(笑)

そもそも当時はサイレースがきついお薬だとも知りませんでした。

10錠を水で流し込んで、壁にもたれていたら、いつのまにか昼前でした。きっちり布団に入っていました。

ODのふわふわ感とかぼんやり感というものを味わってみたかったのに、ただ飛ぶように眠っただけだった。。。。。でもあんなに楽に長い時間寝れるなんてすごい!!!

と感動すら覚えていました。

とても辛かったりしてODに手を出す人もいると思いますが、始めるきっかけなんて案外ささいなことや興味だったりするのかもしれません。

ここから私のOD生活はしばらく続きます。。。

okaki

 

最新情報をチェックしよう!